記事一覧

2013年の正月日記

12月29日土曜日、夜8時まで普通に仕事、前日に2人だけで納会を済ませてあるから終わっても自分にご苦労様と言うだけ。

12月30日日曜日、年末恒例の大掃除、今年は大幅手抜き、風呂と洗面所の床を磨いて終わり、夜は28日生まれの母も入れての合同誕生会。
親父が生きてた頃は12日に誕生会をやって、それで3人分合同にしてた。
これでまさにその日に出来るようになった。
近所のCホテルで3人ばらばらで勝手にコース頼む。
ホテルからお祝いのケーキがついて思わずにんまり。奥様のお手柄。

ファイル 199-2.jpg
31日月曜日、おおみそか、ヨーカドーへ買出しに、さっさと自分の分担の料理を作ってしまう。1年ごとにおせちの分担が変わる。
今年は私じゃない、焼き豚だけいい色に焼き上げて終了。
夕方から紅白を見始める。
大きな画面を見ていると何だかとてつもなくアホになった気分。
消して、本を読み始める。台所では奥様が格闘中。危険近寄らないこと。

元旦1日、火曜日、おせちを食べてから近所の諏訪神社へ。
いい雰囲気の穴場だったのが年々人が増え(人口は減ってる)並んで待つ。
並ぶほどの価値なしと結論。来年からもう来ないぞ。
無料のイベントに人が群がる傾向は年々強くなる。
これってネット社会の影響?そういえばお辞儀の仕方も全員知ってるし。形だけは正確だね。

2日水曜日、母の実家、歩いても15分のところで、兄弟だけ集まる寂しい正月。母のボケ進行ばかりがやたら気になる一日。
あるべき姿をそのまま受け入れられない自分が悲しい。

3日木曜日、奥様の実家八王子に、片道2時間。
ついた頃にはへろへろ。弟家族が全員集合、子供は女の子ばかり3人、お母さんも若くて殆ど4人姉妹。男の影は見えず??

ファイル 199-1.jpg
4日金曜日、天気が良いので予定を繰り上げて成田山新勝寺へ。
片道1時間ちょっと。実家の母も連れて行く。
ここでも母の脳加減が気になり、心はいずこ。
畳敷きの本堂に座り、ドラ(太鼓)の音で目が醒める。
ここは本物の霊場。鮮明なイメージが自由に結べる。

なのに今年はバックを護摩焚きにかざしてもらう希望者がやたらと増えていて興ざめ。
これまた無料イベントに群がる現象。坊さんが1秒だけ火にかざすだけじゃろうが。

5日土曜日、気がつけば休みも残り2日。
許さん、気分転換休日効果が出ていない。
自分のために何もしとらん。
去年は本を買い込んで読んだ。「木村は力道山を何故」・・、とかね。
今年もそれやるべ、と寒風の中、本屋で1ダース買い込む。
ついでにスーパーで翌日の食材を買い込む。

6日日曜日、あせっても最後の日。2冊目の本に取り掛かる。
読んでも頭が妄想に囚われるだけで、精神の奴隷状態。
そこに母から父の3回忌を頼まれる。4箇所に同時連絡しスケジュール調整。
今年は霊園から10km離れた森のホテルで会食だ。
どうだ、いつも同じでまずい霊園の独占会席料理なぞお断りだ。

こうしてついに頭は開放されること無く休みは終了した。
許せん、自分の事は自分でコントロールするぞ。

仕事よ、ちょっと待てと念じる。まだ早い。

7日月曜日、明治神宮に参拝。10年前は参道に大画面が据えられ、氷の彫刻が並び、きらびやかな社名入り広告がずらり、だったのが思いっきり地味な参道に。
ここは並ぶので後ろの人が気になり、数秒でイメージを結ばなくてはならない。
何だかホンワカした幸せな気分で去年の礼だけ言って終わりにする。

8日火曜日、始まってるのに始まらない。
電話も鳴らない。こうして10日木曜日まで空気は動かない。
願ったとうりになったとホクソエム。
去年は一度も無かったのにね。

かくして11,12、14日とひたすら点火。
2週間ぶりの仕事にエンジンが掛からず、七転八倒。
2倍以上時間がかかる。

やっぱしずっと仕事漬けがいいんだ。
長い休みは無くてもいいな~。
いつでも全力で走り続けていないと倒れてしまいそう。

風邪に流されて

2週間前に近所のIKEAに行った。
近くに出来たので喜んで行ったのだけど、駅から直ぐのはずが
迂回して道路側に出ないとアプローチ出来ない構造。
冷たい雨の中大迂回。

ネットで捜しても良いものが無かったTV台がIKEAで見つかったから。
巨大倉庫のような店内、100m四方に一人しかいないぞ。
商品はセルフでこれまた宇宙船の格納庫のような場所でカートに積む。
天井高さは20mか。大峡谷、TDSLの世界、そしてもの凄く埃っぽい。

数日後発症。発熱。
届いた商品を奥様の監視の中一瞬の隙をついて
自分で組み立ててみる。ネジが合わずに苦労。
大汗をかいて何とか組み立て終了。その後バタン高熱がぶり返す。

あれから1週間。事務所に行くのがやっと。着いてもヘロヘロ、
詰まったスケジュールは待ってくれない。

ヨタヨタと家に帰り、フラフラと事務所に向かう日々。
気付いたら天国のような週末。
風邪の唯一の利点は夜毎の悪夢を見ないですむこと。
寝ることに専念できることだ。

寝ている間中毎日10本もの仕事の夢を見る。夢の中でそれらを順番に片付けている。
終わると次が来る。全てフェイクだ。現実とは少しずつ違う。
だから何の役にも立たない。
脳をトップギアの状態にしておく為の罠だ。

風邪がその罠から開放してくれる。

明日は選挙。衆議院。きっと1日中速報でTVはうるさいだろうな。
マンションの敷地内に積もったセシウムは寒い日は
雪のように白く輝くのだろうか。
他の住民は誰も何も言わない。
だから組合の中で一人独断で決定し一気に高圧洗浄した。舗装部分は敷地の外に押し流したけれど、土の部分は手が出せない。
数百万予算がかかる。

キラキラ輝き針の様に我々を刺せばいいのだ。
今現在の痛みなら逃れようと少しは動くだろう。

疲れ果てて

週末が来た。昨日は祭日だったのに普段の2倍のスピードで仕事をこなす。
おかげでストレス性のフケも真っ白な粉雪のように肩に振り積もっていたのが、今日になったらピタリと収まる。
私の体は本当分かりやすい。
不安や心配事があるとこれでもかと体が意思表示する。
ウルトラマンの胸の赤ランプと同じ。
そこから逃げたら絶対ダメ。立ち向かうと消えてくれる。

きっと死ぬまで倒れることは許されないんだろうな、とも思う。

木曜日に居間のエアコンが故障して止まった。
今日、メーカーの技術の人が来て見てくれた。
あっ下に油が漏れてますね。配管が劣化してもうダメです。
と仰る。
ほい、その言葉待ってましたと
アマゾンで調べた同一メーカーの型番をその人に言う。
私も自宅でそれ使ってます。その技術者の一言で決る。
すぐにアマゾンに申し込む。

すごいですね。電気屋さんに行かなくてもエアコンが買えちゃう。
取り外し、取り付け全て手配してくれる。

去年までは大物は駅前のビッグカメラにしていた。
見ないで触らないで買えるものか、と思ってたけど
外は寒いし、疲れている。わたしゃ眠いのだ。

かくして人との関わりが減る。
通販の段ボールばかりが溜まる。
でも私の仕事もそんな風になっている。

東京に事務所を構えるのは、お客もそこにいるから。
東京の客は千葉には注文を出さない。
ステイタスは西から東へ時計回りなのだ。
逆に廻ることはない。
でも私は東京に住みたいと思ったことは一度も無い。

北海道の自然の中で育ったから、世田谷や杉並程度のちっぽけな自然にはぴくりとも動かされない。
黒く深い森と水がなけりゃ生きていけない。

それも放射能で失われたけど・・。どうすんべ。
ファイル 197-1.jpg

ずる休み

今日はずる休みだ。
勤めていた頃はよくやったけれど、独立してからは
通勤馬のように?毎日休日も殆どとらずに働いた。

20年も経ってくると土日はしっかり休むようになり、盆や正月も休むようになった。
これも電話転送サービスとインターネットのお蔭。

自宅の机の前に座っているだけで仕事の注文を取れるし
資料はメール添付で送ってもらえる。
事務所のPCに入っているデータも外部ストレージで自動同期されて何時でも自宅で開くことが出来る。

いやはや便利便利、何もしなくていい?
それは嘘。いくら便利になっても
仕事は自動的にやってこない。

日ごろの営業と自助努力によって積み重ねられていくもの。
泥臭い、人間くさい作業によってしかこの人間界で仕事は来ない。

それにしても今日はいい天気だ。
机の前には遠く筑波山が見えている。
やっほー、つくつくばーさん!と何時も呼んでいる。

秋の風に吹かれて心流してみようか。
きっと何処かへ行けるはず。

年末は続くよ法事が

昨日は第1弾。
奥様のお祖母さんの33回忌。
次は来週に控えた母方の叔父の3回忌。
父方の叔父の3回忌もある。
来年2月には我が父の3回忌。父方の叔母の1周忌と来る。

全てが東京西部で行われる。
わたしゃ千葉県東部だ。いずれも70kmから90kmの彼方。
全部が休日のお昼前に集中する。

疲れるね~。いや親戚の顔を見るのはいいけど
故人を偲ぶがテーマだと暗いよね。全く性に合わない。

昨日も自分で撮ってきたビデオを見てたら一人ずっこけてたのが他ならぬ私。
しかも私だけが故人を知らない。
他は全員が縁者。

変なとこに来ちゃったな、というのが感想。
さっさと終えて、昭和記念公園でも散歩すべえ、
とよからぬことを立川の料亭で考えていた。

生憎の雨。花粉も強い。
帰るにしても重い気持ちを引きずって行くのはいやじゃ。

どうして他の人とはもっと明るく生きようとしないのかな~と思う。
会話のリアクションも固まり、石の様だぜ。
心も体も墓石みたいになってるよ。みなはん。

もう帰ります。暖かい我が家へ。

行って来ましたスクーターズ!

久々の渋谷、ハチ公前のスクランブルを渡り、一路パルコへ。
憧れのスペイン坂に着き、FMTOKYOを捜す。
あ~りました。オープンスタジオ。
いつも夕方聞いてるDJ堀内さんとMIOちゃんが歩道で立ち話。

いいね、いいね、
WWW.はその目の前。
地下に降りると狭い映画館を改装し無理やり立見席400人の
ステージが出現。
狭い。多い。息が詰まりそう。
で僅か5席の座れる席を巡り争奪。

其の内に始まったライブ。彼女たちの30年ぶりのライブ。
奥様のお友達の名はビューティー。

当初3~4曲は乗りもイマイチ、音響効果もバランス悪く
乗り切れないうちに過去の3曲メドレーで乗ってきました。
戻ってきた青春バブル時代。
狭い立見席で踊るオジサン、くねるオバサン。
最後の最後にヒット曲TOKYO DISCO NIGHT

有難う。言うこと無いね。
ビューティーの青春の一ページしっかり見せてもらいましたよ。

帰り際にグッズコーナーに来たメンバー。
ビューティーの手をジンジャエールで冷えた冷たい手で
しっかり握ってから帰ってきました。
そのまま連れ帰っちゃおうかなんて思ったりして。

ちなみに奥様と二人は同じ名前でした。

ロボットがやって来る

と言っても、あのロボットではない。
HPにスパム攻撃を仕掛けるソフトのロボットだ。

仕事のHPが大量のアクセスに見舞われている。
2週間くらい前から増え続け、最初はおおアクセスが増えてる。
どんな人が見てるんだろう。楽しみ。くらいに思ってたが
ここ数日は常軌を逸している。

午前9時ですでに100を超えている。
夜見ると、400近い。以前は30程度じゃ。
こうなるとスパム攻撃じゃ。

で、で相手は何処?痕跡が残っていない。
ページが開いていないのに確実にカウンターだけ上がり続ける。

怪しげな2つのホスト名をアクセス禁止にした。
これはホストが毎回変わるソフトを使っていると
無力だ。

1つはgoogleで検索すると中国らしい。
先週取引先のメールサーバーがダウンした。
社名に日本がついていたので、中国からでしょうと冗談を言ったのだけど。今度はこちらだ。

HPのCGIの名称を変更し、JAVAで隠す。
お決まりのspam blockだけど、大元のHPアドレスに攻撃してるみたい。
こうなると手がつけられない。
サーバーさん何とかしてくれ。
ダウンするか改ざんされない内に。

ロボット対策ならアトムに頼むか。アドレス知らんし・・。

夏よさらば

早く終わってくれ、お願い。という毎日。
今日も無情に32度Cをマーク。
寝苦しくて、軽井沢で目覚める夢を見る。
寝てる間のエアコンが効きすぎてるだけだったりして。

本栖湖2012夏
ファイル 192-2.jpg

夏のエンディングテーマも聞こえてこない。
マイルゼ、まいるよ。ほんと。
早く頭をクールにして本を読みたいんだ。
以上熱帯夜から中継でした。

ろくでもない1日

少しでも仕事が暇になると落ち着かなくなる。
まさかと思うけどこのまま永遠に続くのではと、人から見たら信じられない心配までする。
よくある事で海の満ち引きみたいなものなのに
人生に対する自信さえぐらつく。

何時もの幸運のキューピッド役の友人が早く訪ねてくれないかと噂する。

そしていい事がないと心が荒れ始め、波が押し寄せマイナスのパワーになる。
今日は1日そんな日だった。どれもこれも1年に一度も起きないような事が全部起きた。

朝、駅のエキュートでお昼の弁当を買おうと並んでいたら後ろにいた親父が前の私を無視してさっさと注文を始めた。
思わず店員の顔を見る。
驚いてるけど何も言わない。
仕方なく手をさっと挙げて、「私に優先権があります」
おやじは一言「どうぞ」それだけかい・・。

昼にはアポ通りにゼネコンの営業の人が訪ねてくる。
話題は暗い方へ突っ走り、普段決して言わないような暗い死の話題を繰り広げる。営業マン早々に退散かい・・。

帰りも暇なので早めの6時過ぎに出る。
乗って直ぐに常磐線は警報で15分止まる。

やっと動き出したら、どうやら待ちきれなかった乗客が扉の開閉ボタンを押してしまったらしい。
また15分ストップ。

それにもめげずにうとうと座席で眠っていたら、いきなり夢破れて
私の両手の甲に筆箱のようなものがごちん、落ちてきた。
慌てた女性が目の前でしゃがんで、ばら撒かれた箱の中身を集めてる。
「すいません」一言それだけかい・・痛かった。

ようやく災難も終わったかと思ったら隣の客が降りて、若い客が座った。
どすん。乱暴に座りひじをぐいぐい押し付けてくる。
見ると大した体ではない。
負けずに肘で応戦。こちとら筋肉は鍛えている。圧倒する。

ヘッドホンがうるさかったので注意してやる。
大人しく言う通りにしたが、奴も一言「もっと詰められませんか」
なぬっ・・きつかったの?

帰宅したら奥様にしっかりと叱られた。呆れられた。
そんな人見たこと無いだと。私のことじゃ。

荒れ狂う不安は人格を貶める。苦労してキープしてきたのにな~。
やっぱ本物じゃないんだね。
人格というほど精神の骨格にはなってないね。

改善する方法はただ一つ。
善行を行うこと。やるべ、よるべ、やすべ~。

コメント一覧

非公開 (09/19 23:28) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

tama (09/20 21:38) 編集・削除

ありがとう!
こっちのブログも見てくれる人がいる。

ああ夏休み

奥様とのお約束通り、富士五湖の最奥湖、本栖湖へ。
バスも電車も河口湖までしかない。
その先の片道30kmはホテルからのバスのみ。
これが快適。殆ど貸しきり状態。

樹海青木が原の入り口付近にある、
元のホテル名が火山礫を固めた門柱の銘板に残ったまま。
バブル崩壊後に中央区が購入。
ファイル 190-1.jpg

さすがバブル建築、外観には本物の石と焼きレンガをたっぷり使用。
ファイル 190-2.jpg

部屋は驚きの殺風景。間が抜けてて印象すらない。
ところどころにバブルの片鱗だけ残っている。
窓は小さすぎて外観重視しすぎ、リゾートなのに演出ゼロ何考えてんだか。
料理は冨士屋ホテルの監修だけあって望みうるほぼベスト。
ファイル 190-3.jpg

中央、のたのたとボート乗り場へ歩いている親父が私。
水はきれい。
空気はオゾンが強くあっという間に日焼けする。
気温は東京より5度くらい低め。久々にエアコンなしで眠れた!
ファイル 190-4.jpg

潜水艦の形をしていますが潜りません。
と乗り場のアナウンステープがエンドレスでしゃべり続けていた。
そのたびに笑ってしもうた。遊覧船「もぐらん」
ファイル 190-5.jpg

そういえば富士五湖なのに今の季節は早朝以外は富士山は雲を纏い巨大な体をうまく隠している。
帰り際にふっと雲が消え、顔を出して挨拶してくれた。また来るよ!