記事一覧

上高地

いつも悩む。今年の夏休みは何処へ行こうかと。
去年が車山イマイチ高原だったのでより本物の?高原を求めて旅立つことにした。
前に行ったのはもう19年も前のこと。
旅行の直前までWEB天気予報は雨模様。
最悪を覚悟してアマゾンの特急便でレインウェアを二人分購入。
行ってみたらホテルの人の予想通り、3日ともほぼ晴。

前回は古い和風旅館。今回は最良を求めて五千尺ホテル。
ファイル 231-1.jpg
見た目は会社の保養所。
手前がレストランなどの共用棟。奥が客室棟。
きっと創業時の山小屋風外観イメージを変えたくないのだろうと推測。
ホテルには見えない。部屋は広めのツインルーム。
インテリアの色彩は好み、水廻りは今時これはないだろうの3点セット。
とても気配りの良いホテルでした。ホテルマンの顔をはっきり覚えたのも初めての経験。
皆エンターテイメントしてるね。

こちらホテル目の前の河童橋。夜は星の降る橋になる。
小学生以来の銀河にめぐり合う。首が痛くなるのでホテル前のベンチに寝転び星を眺める。
ポツポツとボタンのように大きな星が空を覆う。
もう立てないぞ。
ファイル 231-2.jpg

河童橋から見た梓川。天気によってはエメラルドに見える清流。
やたらと人が多くて、何を見てるのかもう分からんし。
ファイル 231-3.jpg

上高地を北にハイキング。
標高1500mの山間の巨大な平原は何キロも平坦で歩きやすい。
ファイル 231-4.jpg

最後の日に見えた山頂にかかる雲の無い穂高連峰。
私にも絵葉書写真が写せます・・。
ファイル 231-5.jpg

奥様に引っ張られてひたすら歩き廻り、股関節が痛くなった。
それでも代え難いリフレッシュ。

この後、仕事の勢流に飲み込まれ数日で余韻が消えてしもうた。

波乗りジョニー

ここのところ、中学、高校、大学と同窓会にも出ず、友人と全く会ってない。
忙しくて行けないと言ったら別の理由があるのだろうと勘ぐられる。
分かってないね、カンレキブルーのじっちゃん達。
過去20年間で一番忙しいのだこちとら。
アベノミクスの高波に乗って経済のサーフィン中。
下手くそな初心者だけど。

以前と違うのは体力。しっかり休まないとモタナイ。
だから体力温存指数を計算しつつ動く。
海を見て波が来るかどうかを見極める。
全部乗りこなさなあかんのだ。

周囲に同年輩でそんな気を使ってる人はいない。
毎日暇だったら頭が真っ白になってしまう。
心だけは日焼けした波乗りジョニーだ。
実際やったこともないけど・・。
ファイル 230-1.jpg
神様も見捨てなかったようだ。
でも人にも会いたいし、話もしたい。
北海道にも行きたいのだ。
今年も何とか夏休みを確保。懲りもせずに高原へ。

探し物は何ですか?まだまだ探す気ですか。

続々壊れた

前回の壊れた編から1.5ヶ月。
その間に扇風機も2台続けて壊れた。
関東で扇風機が無いと夏は生きていけない。
勿論エアコンはつけっ放し!なのだが。

レンジフードの見積もりが終わって1ヶ月以上工事は始まらなかった。
どこでも職人不足は深刻だ。
でもでも、あの時即やると言ったではないか。
7月の最後の日に我が家の過熱した台所にレンジフードが戻ってきた。
規格が古く小さかったので隣の吊戸ごと交換して新規格に合わせた。

ついでにトイレも最新型の節水タイプに変えた。
付いてきたウオシュレットの説明書が60ページもある。
先月買った固定電話機の説明書より分厚い。
これ持ってトイレに入らんとあかん?
外国人が日本のウオシュレットは複雑すぎると言うけど
この説明書を見ると納得。あともう少し年取っていたら
あほらしくてぶん投げたかもしれんし・・。

機械は壊れる

そう、それも一斉に壊れる。
この世の修復しきれない因果のように。廻りまわってくる。
我が家では12年周期だ。

XPがらみのPC3台に続き、洗濯機、洗濯乾燥機、食器洗浄器、固定電話機、レンジフード、トイレのタンクと続く。
順番に入れ替えと修理で切り抜ける。

今日は、最後の2つの見積もりを依頼した。
我が家のレンジフードは特にやっかいだ。
何せ古くてぴったりのサイズがもう作っていない。
おまけにダクトがひん曲がり欠点を無理やり家具吊り戸で隠している。
代替品として1種類あるけど通常の新型の3倍のお値段。
それで旧式を買うなんて耐えられない、と奥様はノタマウ。

今週依頼した2社は特異な構成を正しく見抜けずに、
過小と過剰過ぎに見積もりを出してきた。

今日は休日で私がいる。直に説明し業者も納得。
やっと安心。

まだまだ続くか。機械の連鎖は。
一つ物を持てば一つ悩みを抱える。
壊れちまった悲しみは・・

太古の夢

夢)
ゆったりと寝椅子に寝転がって青空を見てる。
周囲の草原を渡る風の音。右手には小さな溝。
幅は50cm、深さは1m以上ありそう。良く見ると太古からの生物が飛び交う大渓谷のミニチュア版。
目に見えない生物が水の中にも生い茂った草の間にもいる。

左手には風とは違う音。羽音が聞こえる。
目には見えないけれど透明な数羽の小鳥がホバリングしている。
薄い影だけが草の上に落ちている。仲間なのだろう。

青い空を見上げる、心地よいこの空間にずっとまどろんでいたい。
満たされた時。

やがて頭の方から声がする。ガラスで出来た透明な駅舎から外国人がぞろぞろと物見遊山に降りてくる。
話し声が近づいてくる。

わずかな時間、深い満足を得たからもう起きなくちゃ。
夢の終わりだ。

-----------------------------------------------------
解釈の必要も無い夢。
太古=生まれた場所に関わる一つのことが終わり、深い満足を味わっている。
太古のミニチュアは故郷のHPのこと。

それも次の現実が迫っている。夢の終わりなのだ。

遥かXPを離れて

ファイル 226-1.gif
先週はGW連休を利用して事務所にある3台のPCを全てXPからWIN7に変えた。
WIN8は仕事で使うには違和感が大きい。

いつも頼んでいた日本HPの法人用がこの期に及んで一気に1.5倍に価格を上げてきたので、絶対買ってやるものかこの裏切り者め、と新たにMOUSE PCに頼んだ。待つこと1ヶ月以上、ようやくGWに間に合ってくれた。感謝じゃ。

いちいちバックアップデータを取ってOSだけ入れ替えてる時間は無いので、3台のうち2台は新規購入。
残り1台は元々アップグレード用WIN7が付いていたのでそれで新規上書きインストール。

それでも1台につき丸1日を費やして、数多くのソフトを入れ直し、メールソフトを入れ、アドレスと諸々を設定していく。
自動的にアプリも全部引っ越してくれるはずが、マイクロソフト関連だけしか引越し出来なかった。知らんかった・・。
最初の1台目は殆ど机の下にもぐりっぱなしで、下水掃除のおじさんになってしもうた。腰が痛い。

上野公園は美しく晴れ渡り、5月の風が心地よく吹いている、はずが横目に見ながら汗にまみれて一人で3台分やっつけましたとさ。
有料の仕事ソフトはキイとパスワードを再発行してもらい、手動で再インストール。過ぎてく過ぎてく貴重な人生の時間が。

4日かかってハードとソフトの動作の検証も終えて、GWの休日も半分が過ぎほっとすると、待っていたのはご自宅XP。

4台目の悪魔。折りしもマイクロソフトがXP用にも修正プログラムを出したそうな、しめしめ。
WINDOWS XPのOSを変えないと危険だと宣伝してたのにまさかのIE全部への無差別攻撃。

プラウザだけFIREFOXに変えてしばらくXPを使ってやれ。
メールソフトはthunderbirdだしね。

ここで困った。バックアップソフトがうまくいかない。
WIN7になってMY DocumentsからMYが取れた。たったこれだけで仕事PCから自宅PCへのバックアップが止まった。

頭をひねり考え出したのが分割バックアップ。
これで昨日1日が消えた。5月の風通り過ぎていく一瞬。
窓の外、光の中に飛び出したいのにな~んも出来ん。

これってマイクロソフトに集団で賠償してもらいたいものじゃ。
新しいもので3年しか使ってないものもあるのに。
私の労力をお金に換えたらPC代の何倍にもなる。
それがいやで友人の多くは外部に依頼してる。

それをやると細かい自分仕様の設定が出来ないし、何かあったときにずっと外部依頼先に頼りっぱなしになるのはいやだ。
何よりその外部代理店の〇〇商会が私は嫌いなのだ。
事務所設立以来の必要悪とさえ思っている。
大昔PC黎明期にNECが独自の規格のPCを作り価格競争と普及を遅らせたように、
当時はこの商会無しには事務機器のリースさえままならなかったのだ。

とそんなこんなで、やっと落ち着いた自宅の机の前で仕事用のHPもレイアウトを全て変える。
FIREFOXで詳細に見てみたらとんでもないことになっていた。
価格報酬の表が細長くなって、まるでスマホ用ですか、にしか見えなかったから。
どうやらFIREFOXでは表のpixcel指定が読み取ってもらえなかったようで、試行錯誤の結果、表の幅レイアウトを%で設定し落ち着く。

今まではIEだけ見て表示を確認すれば良かったのに、これからは複数のインターネットプラウザで確認しなければ。
労力2倍じゃ。
何時までこの格闘が続けられるのだろう。
一体皆はどうしてるんだろう。

人生のプログラムばかりやっていて実行に移す時間が無くなったなんて悲劇があるかも。
笑えない、誰かもっと時間を!

続・WIMAX

amazonから親切にネジを2本だけ送って貰った。
無料だ。これを使って週末に無線LANを設定する。
今まで不安定だった接続動作がピタリと決る。
そりゃそうだ。LANカードをネジで止めて無かったんだもんね。

ほいほいと、WIMAXのクレードルまで設定終了。
電波も安定し、USBスティックタイプに比べて3倍のスピードが出る。
それでも光よりは遅い。
光接続は災害時の停電で止まる。3年前の大震災の悲しい教訓。

さてこれでネットに複数の接続機器が同時に繋がる環境が出来た。
次は選ぶぞ!
と言って、1日中amazonや楽天でスマホとタブレットを比較する。
やっぱタブレットでしょう、ここは。

奥様が笑う。何のために必要なのかと。
何のためだろう。
物理的に足りないわけではない。足りないのは心の満足感だけ。
人に頼らずに全て自分で設定する。
次に欲しいのがその成果。
自分で出来なくなった時が一番怖い。

しがみつく矜持を失うから。そんなものさと笑える自分はまだいないから・・。

コメント一覧

富楽堂メディア工房 Eメール URL (04/03 07:54) 編集・削除

WIMAX…羨ましいです。。
こちらは「微妙圏」ですので、まだ恐くて契約すらできません。。
しかし、芦別本町までは4Gが来ましたのでiPhoneのネット共有で仮想モバイルネットを楽しんでいます。
本当に「必要か?」と面と向かって言われると…ですが(笑)
しかし、tamaさんの言われる通り、心の充足度は半端ないですよ!

tama (04/03 13:41) 編集・削除

そうですか、今度芦別に行く時はWIMAXごと持っていこうかと思ってましたが・・。
タブレットは我が家では優先順位が低く、当分買わせてもらえません、しょぼん。

WIMAX

ノートPCに無線LANカードをつけようとした。
もともと入っていなかった。amazonでカードを注文し、自分でPCの裏蓋を空けてみる。ドキドキ。
久しぶりの動悸。いいねこの感じ。

ファイル 224-1.jpg

開けてみるとちゃんとアンテナ線も入っているし、WEBで見つけた同型機のブログを見ながらすぐに付いた。
付いた・・。でも固定できない。ネジが2本ともないのだ。
こんな小さなネジは持ってないし。

いいや、ままよ、と蓋をする。
すぐに本体はカードを認識する、大丈夫か?

WIMAXのクレードルの設定を始める。
何度やっても登録が終了しない。
既にUSBタイプでWIMAXは繋がっているから
問題は無いはずなのに。

という訳で、土曜日の1日がこれで消える。

考えてみれば別にクレードルタイプのWIMAXが使えても
特に便利になる事は何も無い。
複数台が接続できるようになる。それだけ。
その複数に購入予定のスマホが入っている。

わたしゃスマホとタブレットを買っていじりたいのだ。
出来損ないの小型PCとしか思えないことも無いけど、あるときっと便利だろう。
何より時代に遅れたくない。まるで年寄りの台詞だ。

ああ、それなのに。

シベリアか?

33cm、千葉では観測史上最大の雪が降った。
おかげで昨晩と今日と2回の雪かきに追われた。
もう何処の筋肉が痛くなるか予測不能じゃ。
スコップを持ってた親指のグリップが痛い。

バルコニーにまでパウダースノーが吹き込んで来て、積もる積もる
朝には20cmを超えていた。
下に落とすわけにも行かず、一画に積み上げた。
じっと見てたら、このまま溶かすには余りにも惜しい。
何せ45年ぶりの記録更新じゃ。筋肉はもう動くんじゃないと言ってる。
構うもんか、明日は明日の雪が降る??

で、作った。tamaの肖像。足が冷えてしまい仕上げが出来なかった。円谷幸二の怪獣みたいになった。
自分ちのバルコニーに初のプライベート雪だるま完成!
ファイル 223-1.jpg

深い雪を見ていると堪らなく郷愁に捕らわれる。
そんなときにはこの曲。PCでFMを聞いていたら偶然聞こえてきた。
すぐにあのときの事が頭をよぎった。
何年も前にシベリアをテーマにした恐ろしく格好のいい演歌をカラオケで聞いた。タイトルは知らなかった。
ある人に連れて行ってもらったお気に入りの飲み屋のカラオケでだった。
雪のように白い金平糖食べながらその人は秋田の思い出話をしていた。
時々、この国のマンション建築事情を嘆いていた。
そして彼は私の唯一の理解者で応援者だった。
そして8年前に別れも告げずに去っていった。
合掌。

大滝詠一 さらばシベリア鉄道

悪夢の終わり

毎日夢を見る。いくつも見るけれど、覚えていられるのは一つか二つ。
ようやく長かった風邪も治まり、その後遺症で痛めた肺も治った。
狂ったような、自分のものでないような夢も終わりを迎え、
今は普通の穏やかな夢に浸っている。
一時は自分のHPそのものから逃避し、お気に入りも消して何も考えないようにしていた。

時々ある。
HPを運営していると、資料提供者の奥にある無意識に触れてしまうのだ。
それもまた意外な発見であり、楽しみでもあるのだけれど。
写真はただのデータではない。
それを所有し提供してくれた人の感情が乗せられている。
ゆめゆめ、ただの画像だなどと思ってはいけない。
そんなバカな事が・・そう思える人は幸せである。