記事一覧

上野公園は花見には寒かった

ファイル 261-1.jpg
どうじゃ、花見の季節はスタバの店の前にさらに移動式のスタバが
お出まし。これじゃ屋台の出店と同じだ。

こんななっちゃった

PCとスマホ両方で見られるようなデザインスキンを捜して
いろいろいじっているうちに原初の形態に戻ってしまった。
これでよいのだ。これで。

でもね殺風景だ、色も何もかも・・。
もうこのCGIはサポートもメンテも無くなった。
中国からの集中総攻撃を受けてブログシステム自体の脆弱性が露呈したから。
単にターゲットにされただけなんだけど、他にももっと弱いブログは沢山あるはずだけど、何故かこのブログシステムだった。

代わりはない。いくら捜してもない。
時代は自作のシステムではなく、借り物の便利でかっこよくて情報が垂れ流されるシステムがお気に入りらしい。
広告を嫌がる人などいないのだろうか。

フェイスブックとか、作者の意のままにあやつられ変更させられても文句も言えず、ただ従うだけ。

もう疲れてしまった、独自の道を行く事に・・なんて絶対に言わない。
作り続けること、それが生きている証。
数年おきに主役が変わりそのたびに追っかけの方向を見失う。
そんなことで満足している事自体耐えられないだろうに。

あ~あほらし。この超シンプルなスキンを見て
これでいいのだ、何度もつぶやく。

もうしばらくは。あともう少し。
自分が変わるまでは・・・。

アクセス分析

仕事と趣味と両方に同じ分析用cgiをつけた。趣味のページが後だけどこれが予想外の動きをした。
仕事のページが趣味のページのカウントと分析を始めてしまった!
つまりダブルカウントダブル分析、確かに同じサーバー内に2つ借りてるんだけどハード的には分断された別々のコースで借りてる。
このあほなプログラムは2つを同じものと判断し、合算。
ところが趣味のページの方は何事もなく、一人分析を続ける。

参ったね、これだけ大きく複雑なプログラムは中身が全然分からんです。
考えた末にフォルダ名もcgi名も同じ、ならば変えてみよう。
格闘すること3時間、アクセス解析を張り付けた仕事のページ50を一気に書き換えた。
治った!
前日、趣味と合算し150アクセスが翌日はいつもの30前後に落ち着いた。
一つプログラムを加えると一つ悩みが増える。
いつもこの繰り返し。夜を削り、時間を削ぎ眠い頭を揺すりながら人生を駆け抜けていく。
きっとこんなことして机の上で突っ伏して死んでいくのかな?何て思う。
いつも何時でもユメノナカデ生きてるから。

夢、とんとこ?市

夢、
人を殺して旅に出ようとする。

集会所の中、誰かが液晶のテレビに昔のテレビみたいに大きな木製額縁を付けた。
そのことで話し合っていると中学時代のケンカ相手がやってきて嫌みを言う。
普段なら怒るようなことではないけれど、
急に昔の怒りが湧き起こって、奴を掴んで振り回す。
雑巾のように細長くよじれ手の中で小さくなっってしまった。
あ、殺してしまったと思い何故かやつが持っていた緑色の台所洗剤ボトルを左手に持ったまま逃走する。

警察が追って来る前に逃げなければ。
タクシーに飛び込み何処でもいいから出せという。
どこかのドラマみたい。

車はノンビリ見知らぬ畑のなかを走る。
貯金残高を考え今後の逃走資金と逃げ場所を考える。

急いでいるのに何故か本屋の前で車は停まる。
二人で中に入る。
運転手と旅の本を探す、地図と新聞も買う。
新聞を広げた運転手が見ていたのは今日の競馬の結果。
ほっとする。

どこへ行こう。運転手は私ならとんとこるいも市に行きます、と言う。
それ何?何処?
聞いても、知りませんと笑って答える運転手。
面白い名前でしょ、私なら其処に行くなと言う。

ちっとも面白くない、わたしゃ北海道の出身だ。
留萌ならしってるけど・・・。

目覚めたら絶対覚えていないなと思って何度も夢の中で反芻する。

でも結局覚えられなかった・・・。

正月休みは終わった

10連休のはずが会社に来ているはずの年賀状が気になり遂に出てきてしまった。
折角だから明治神宮で初詣も済ませる。奥様は今年は欠席、昨年不幸が有ったからね。
それほど混んでいない、会社関連は午前中だし、午後は個人か観光客。
いつも詰まらず、御神体は影も見えず、見えない白布に向かって未来を託す人達。
後ろが詰まってるので素早く白い鳳が飛翔するイメージを結ぶ、短時間ながらうまく行く。
唯一の休憩所のオープンスペースは人だかり、レストランだけは高く見えるのか毎年ガラガラ、ここで温かいココアを飲むと心が休まる。
食事はしたことない。
屋台の匂いと雑踏、ながれるひとを見ている。

神宮の森は静かに泰然と見守ってくれる。
買った御札はただの木の札、御神体のかけらが宿るわけでもない。
それでも毎日手を合わせる、商売をしてるから、目に見えない流れの中で生きているから。
今年がどうなるか何て分からない、進んだ航跡が見えるだけ。

長いなー人生は。

ホームページビルダー

ホームページビルダーを新規購入した。バージョン20。今までのがバージョン6!ほんとの6、15年ぶりに替えた。
今まで何度も変えようとしたが評判を見てその都度思いとどまった、今回はスマホページを自動的に大量変換する必要に迫られて購入した。
結果、変換は最近の標準モードで作成したファイルだけがちゃんとスマホページに変換できた、多分1年分くらい。
残りは使い物にならへん。
新しくなっても動作が恐ろしく重く、今開いたばかりのページを閉じるだけでも10秒またされる。
更新や上書き保存などとんでもなくじかんがかかる。
仕方ないので、20でしか出来ないことだけやって、残りの大部分は古いバージョンで行うことにした。

cssで段組しフレームを止めるようにしようかと思ったけど、趣味のページは1300ページもあってこれらを効率よく表示する方法はフレームしかあらへんよ。
国会図書館のホームページでも参考にしますか。

おまけにお仕着せのテンプレートは大嫌い。
その辺に転がっている打ち上げられたトドみたいな有料パターン化されたページは皆このタイプじゃ。

かくしてようやく取った正月休み10連休はホームページビルダーテストで3日が消えた。
後は何しよう?
期待を込めた浜田省吾コンサートチケットは1枚も買えず、遠く沖縄から九州までチケット申し込み、ホテルも調べ飛行機も直ぐに買えるようにしてたけど、知らせはいつも無情、落選の文字が張り付いていた。
疲れきった体には良かったのだと無理矢理納得させようにも、休日3日で体調は戻り筋肉に力と張りが甦ってきた。
何かしたいよ!
自分の誕生日と正月の実家巡りでは面白くもない。
よく働いたと自分を誉めても、3日で甘い言葉のご褒美も尽きる。

魂は違うことを求めている、それが何か分からない。
モタモタしてると来年の仕事の渦に巻き込まれてしまう。

洗濯機の縁を歩いている蟻のようだ。
オリンピック景気に世の中は浮かれ叫び声も上げずに押し流されていく。
端っこでもがいている、時代の意味さえ知らずに。
何故ここにいるのかも分からずに。

さらばWiMAX

WiMAXがWiMAX2になった。従来のWiMAXも残るがスピードが10MBになってしもた。niftyは乗り換えを即す。でも替えたい機種がそもそもない。
私はUSBスティックタイプが大好きなのだ、これでなけりゃ停電時もPCと一体で動いてくれない。
ちっぽけなクレードルも試したけれど電池の持ちが悪すぎ。
その上PCから電源を入れられずいちいち、クレードルまで行ってボタンを押してからネット開通。
こんな不便で中途半端なものは注文できん、
それに第一わたしのノートパソコンはあの3.11大震災の計画停電対策で買ったXPなのだ。
今ではWiMAX2の端末にそもそも対応していない。

ならばと順番に攻めることにした。
先ずはノートパソコンをwindows7に替える。
無論本体ごと。去年のxp騒動が甦る、忘れもしない1年前のゴールデンウィークの全てを費やして3台のパソコンを入れ換えた悪夢。
自宅のxpはこのままでいいやとほっておいた、
結局何の不都合も起きなかった。
重要な更新は続けられたのだから。
見てるとwindows7と同じ日にXPも数こそ少ないもののちゃんと更新を続けていた。
騒ぐこと無かったね、いや騒いだから更新し続けたのかな。

パソコンにお金をかける習慣はない。
何台もが5年程度で使えなくなる。友人は1台15万以上かけると言ってたけど、わたしゃ3台全部でそれくらいだ。
テレビだって5年ごとに買い換えなきゃならなくなったら皆怒ってしまう。
平気でパソコン業界はそんなこと続けてきた。
だから業務用以外は見放されつつある。
小さくて便利に見えるスマホにとって変わられた。
それすら不安定だけど。

かくして17.3インチのノートパソコンを格安購入した。
いつものヒューレットパッカード
液晶に問題があって1台目は交換、2台目も余分なセキュリティソフトがどっさり入っていたので削除と引っ越しに1週間以上かかった。
かくして仕事の疲れに加えて疲労はピークに
何せ過去最高に忙しかった年より今は10%以上多忙なのだ。

2週間以上もかかってようやくホームページ更新も出来るようになった。
そこでようやくWiMAX2の新規契約。
さほど深く考えずに据え置きのルータタイプを選択。
バッテリーでも動作しそうだから。
離れた部屋でも届きそうだから。

こんなことで大事な人生の時をすり減らしていく、若いときはパソコンをいじりプログラムすること自体が目的だった。
今ではその空しさだけが残った。
5年毎に訪れる危機、面倒だから人に頼んでしまおうかとも思う。
そしたら自分が時代の先頭に居ないことになる。
何時かはその日が来る。

巨大な流れに乗ってサーフィンし続けることが出来なくなる、
丘で海を見ているだけ、
やがて強い日差しを避けるために自分の小屋に引きこもる。
そして木の椅子に腰かけて皺だらけの目を細め、遠い海を夢見る。
そして、そして、そして...,

夢 海辺のリゾート

海辺の白いリゾートマンションを何故か遺産相続した。
本当は誰のかも分からない、行ってみると病院のような雰囲気の広いリゾート。
隠れるようにしてエレベーターホールから上に上がろうとする。
看護婦さんの集団がやってくる、こちとらまるで望まれない客みたいだ。隠れるようにしてエレベーターに乗り込む
目的の部屋はホール横の変形した小さな部屋、景色も良くない。
古い匂いを嗅ぎながら眺めていると床下から水が溢れてきた。
どんどん溢れてくる。あっという間に腰まで浸かる、
窓を開けなくちゃ、クレセントをいじるけど内側からうまく開かない、まずいこのままでは溺死する。
思わず隣のバルコニーを見ると取り巻きに囲まれた頭のおかしそうなカラーヘアーの老婆がこちらを見てる。
開けてくれと言うとなんじゃねと簡単に開けてくれた。
何だ簡単じゃないか。
背後を見ると水は消え床もぬれていない、今のは一体何だ?

金の持ち合わせもない、腹がすいたのでとりあえずレストランに降りていく。
海辺と一体化され、海の砂浜がそのまま部屋うちに延びてきてガラスだけが外と内を区切る。
金持ちそうな若いこがプールではしゃぐ。
波が窓のすぐ横で2階分も立ち上がり、白く渦を巻き山のようになって押し寄せてくる
ガラスに激突し割れる思ったら、水族館の水槽ガラスのように易々と跳ね返した。
誰一人床よりも1m以上高い波が当たっても何とも思わない。
こんな仕様があるのか。

ホールには人が集まり思い思いに寛いでいる。
もうすぐ始まる外車のオークションを待っているのだと言う。
少し時間があるから近くの町まで買いだしに行く客もいる。
まるで道端で売ってる野菜を買うみたいに高級車を物色してる。

金持ちすぎて使い方のレベルが違う。
自分が無一文になったように感じる。
カードで下ろしたくても町に行く車も持ってない。
この白亜のレジデンスにただ一人乞食のように立ちすくむ私。

そこで目が覚めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢解釈)

世の中には、遥か上まで天井知らずに金持ちはいる。
自分がそういう社会、集団に属していなかっただけだ。
彼らは彼らだけで固まる。他を寄せ付けない。

一端その世界を知ったら自分が惨めになる。
わずかな余裕など川に流れる浮きゴミみたいだ。

もう秋だ

忙しくて体の回復が追いついていかない。そんな日々が続いている。
それでも秋だからと、モネ展、二紀展、元陽展へと足を運ぶ。
上野公園にも行ってない。
これはいくら何でもナ~と思う。
美術に触れてその場所でお茶を飲み窓の外の枯葉の感触を心で感じる。
絵を描くこともない、スケッチもしない。頭の中でもやらなくなった。
やるのは料理のシュミレーションのみ。

何もかもうまく行くはずが私生活の面でずっこける。
運命のバランスってやつに足を取られ転びそうだ。

やらなければいけないことは山積み、何もしないと今年が終わってしまうよ。
時間と体力の競争。それでも趣味の故郷の街シリーズは欠かさず作成し続けている。

どこか行きたくなった。紅葉の高尾山じゃ安直か??

夢)建築が泣いている

5階建ての古い病院のような建築。
1階が若い人のブティックのようになっていて細々と営業されている。
同潤会アパートみたいだ。一人で室内をぶらぶら歩いているとあなたを探している人がいると言われた。
若い外国人で私を知っていると言う。

誰だろう、光が薄闇を刺し貫くスキップフロア空間を体が勝手に漂っていく。

見つけられない。その場所を抜けると外に出た。
驚いた事にこの建物は巨大だった。どこまでもどこまでも続いている。
柱が茶色く古くなり肥大した像の足のようになっている。
縦に筋が通り、根っこから膨れ上がって未知の植物の根のように1本にまとまっている。
突然音を立てて柱が崩れ始めた。

危ない、逃げろと中に居る人に叫ぶ。
柱が連鎖的に支えきれなくなった脚の様に折れていく。
茶色い粉塵が上がる。真っ赤な血の様な色だ。

ドミノ倒しのように倒れ続けるけど、まだ先は残っているんだという気がしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結婚した頃、大きな客船が海上で錆びて、血潮のような噴水を上げて垂直に沈んでいく夢を見た。
何かが変わり沈んでいく。

今もそうだ。今まで生きる上で自分を支えてくれた根幹が血を流して過去に沈んでいく。
一体人はどれだけ心の血を流したら済むのだろう。
誰にも見えない、自分だけの生き方。それを時は容赦なく剥ぎ取っていく。
それ無しには次に進む事は許されないとでも言うように。