記事一覧

夢、洪水

夢、洪水の夢を見る、最近多い。
何処かのひなびた旅館にいる、大雨が降り多くの人が避難してくる。
1階が水に埋まり上階へ人々は逃げ始める、
屋上からは濁った泡のような水が道路から上ってくる、もう車も通れない、おまけに私を追ってくるものが居る、
夕闇が迫り光が鈍い橙色に輝く、いそがなげれば逃げ場を失う。
奥さまが山道の途中にゴムボートがあったという、私はかつて自分が空を飛べたことを思い出す。
夕闇の崖に向かって渦巻く黒い川を下に思いきって飛び出す、
ふわっと体が浮いたと思ったら凄いスピードで宙に飛び出した。
ぐんぐん加速。
遥か下に町が見える高層の建物が見えてくるが爆撃を受けたように崩れ傾いている。人の気配がない。
このまま飛んでも何も見つからない、戻って一一人なら運べそうな気がする、
急遽引き返す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここのところ多忙を憂う夢ばかり見る、
正月に一休みだけれど3月の年度末に向けて始まったばかりなのだ。

空を飛ぶ夢はスリリングだ、見たことのない架空の街の上空を飛ぶのは最高だ。
年をとると体が硬くなる、手足がリラックスして垂れ下がるような感じにならないと夢の中で飛ぶことはできない、感覚的なものだろう。
時々トレーニングして瞑想の感覚を忘れないようにしている、電車のなか、夜眠りにつく前の布団の中で。

ことしも終わる、ちょっと前に始まったばかりなのにと恨めしい。
記録を見ると1年間とても頑張ったことが分かるけれど時間感覚がついてこない。
寂しい、流れを泳ぐ、その感触を味わいたい、生きていると言う実感を。