記事一覧

眩暈、黄泉の国から

めまいがする。片側の耳が耳鳴りがする。低く頭の中で液体が震えるような音だ。
正月休みと明けに2回立っていられなくなった。
紅茶を入れて飲もうとしたら世界が回った。そのまま這うように隣の寝室に転げ込む。
こうして私の年が明けた。
過度のストレスと働きすぎで焼ききれたのだ。

大きな病院に予約する、10日以上先だ。待ってられないので信用度の低い近所の耳鼻科に行く。

突発性難聴って聞いた事あります?診察した耳鼻科の女医。
原因を聞こうともせずに結果だけ見て物を言う。

これは難病ですね。治らないかも、ステロイド治療になるかも。
あほな事ばかりいう。もの凄く強いメニエール病の治療薬を処方されそれを飲んだ30分後に過去最大の眩暈と難聴に襲われ倒れる。

ああ、光り輝く私の新年はどこへ消えたのだろう。もう治らないのか知らん。貰った薬をゴミ箱に捨てる。
眩暈の発作からもうすぐ10日。
既に普通に仕事をこなし電話をし、ブログを書き、ワードプレスまで新たに組み込んでテスト運営してる。
耳鳴りは10分の一に収まり、体力も戻りつつある。

余りにもストレスにさらされ続けた為にさすがに神経が耐えられなくなった。そう自分で判断する。
歯とか耳とか、弱くて繊細な先端部分が先に壊れる。

----------------------------------------------------
夢を見た、
工事中の建物のサッシの検査をしている。
その建物は3方向が道路に接している。大きな学校のような建物だ。
それを顧客と一緒に回り説明している。
黒く汚れた土が波打ち、資材が散乱し埃がもうもうと上がっている。
2つの道路からそれを眺め、最後の角を曲がった。
途端に建設現場の風景が一変した。
白く輝く光に包まれ、美しい楽園のように整備された外回り。
汚れは微塵も無い。その道の先に真っ白なスーツを着た背の高いシルエットが浮かぶ。
あっ、Fさんだ。
ずっと音信不通でどうしたんだろうと思っていた私の恩人、建築の基礎を叩き込んでくれた心やさしい社会での先生、入りたての新人の私を弟のように可愛がってくれた兄貴。
その人がそこに立っている。
駆け寄り抱きしめたいと思った。
走る、純白の人影に向かって走る。

あれ、ちっとも近づけない。いつまでも遠いままだ。
あれ、どうしたんだろう。
そうして目が醒めた。

目が醒めて寝床で考えた。
そう、その人は10年前に亡くなっていたのだ。
近づけない訳だ。

心配になって私を見に来たのだろうか。
それとも・・・・。